NGC 6384(銀河・へびつかい座)


NGC 6384
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2018/03/25, 03h 38m,  +1℃, 東御市・観測所
視野角: 52′ x 35′  ↑N


NGC 6384(銀河), 光度:11.1 mag, 直径:6.2′ x  4.1′, 分類:SAB(r)bc  LINER, z 0.005554
RA 17h 32m 24.30s  DEC +07d 03m 37.0s (J2000.0),
視野角:約 12′ x 8’ ↑N

NGC 6384は、明るい銀河がほとんど存在しない「へびつかい座」にあります。ゆるい巻のよく発達した腕が見えるLINERタイプの活動核を持つ棒渦状銀河です。周囲には関連するような銀河は存在せず孤立した銀河のように見えます。

 

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

NGC 6118(銀河・へび座)


NGC 6118
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2018/03/25, 03h 23m,  +1℃, 東御市・観測所
視野角: 52′ x 35′  ↑N


NGC 6118(銀河), 光度:12.4 mag, 直径:4.7′ x  2.0′, 分類:SA(s)cd HII, z 0.005247
RA 16h 21m 48.62s  DEC -02d 17m 00.4s (J2000.0),
視野角:約 12′ x 8’ ↑N

NGC 6118は、近くにあるNGC6070と大きさも外観(SA(s)cd)もよく似た銀河です。赤方偏移値も近く距離的にも離れてはいないので同じLGG 404銀河グループ(NGC 6070, PGC 57590, PGC 57582)に所属していてもおかしくないように思いますが、どのグループにも所属していないことになっています。この銀河については英語版wikipedia では少し詳しく解説されているので興味のある方は参照してみて下さい。


へび座(頭部)〜へびつかい座 ファインディングチャート
Tamron SP 70-200mm(85mm f4), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 16=22分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/04, +6℃, 東御市・観測所 ↑N

この領域には非常に淡い大きな(反射)分子雲が広がっていますが、まだ天の川中心部からは離れているために背景には系外銀河も見られます。系外銀河の観測には分子雲はなにかと邪魔な存在でしょう。そのためか周囲の銀河の研究はあまり進んでいないようです。

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

NGC 6070(銀河・へび座)


NGC 6070
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2018/04/14, 01h 52m,  +0℃, 東御市・観測所
視野角: 52′ x 35′  ↑N


NGC 6070(銀河), 光度:12.5 mag, 直径:3.5′ x  1.9′, 分類:SA(s)cd, z 0.006685
RA 16h 09m 58.69s  DEC +00d 42m 33.5s (J2000.0), LGG 404
視野角:約 12′ x 8’ ↑N

LGG 404銀河グループ(NGC 6070, PGC 57590, PGC 57582)で最も明るいグループを代表する銀河です。北東に見えている銀河ペアPGC 57350を中心として微小銀河が群を作っているように見えますが、おそらくこれらは、NGC 6070とは関連しない背景の銀河です。(個別の赤方偏移データがないので確信はできませんが)


へび座(頭部)〜へびつかい座 ファインディングチャート
Tamron SP 70-200mm(85mm f4), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 16=22分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/04, +6℃, 東御市・観測所 ↑N

この領域には非常に淡い大きな(反射)分子雲が広がっていますが、まだ天の川中心部からは離れているために背景には系外銀河も見られます。系外銀河の観測には分子雲はなにかと邪魔な存在でしょう。そのためか周囲の銀河の研究はあまり進んでいないようです。

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

NGC 5958(銀河・かんむり座)


NGC 5958
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/14, 22h 50m,  +7℃, 東御市・観測所
視野角: 52′ x 35′  ↑N

NGC5958-BKP-a7s-190504-Nik-19x13
NGC 5958(銀河), 光度:13.3g mag, 直径:1.2′ x  1.0′, 分類:S?, z 0.006695
RA 15h 34m 49.145s  DEC +28d 39m 18.92s (J2000.0)
視野角:約12′ x 8’ ↑N

小さいが青白く輝くかんむり座にある銀河です。Simbad ではSABcと分類されています。

かんむり座 NGC 5958周辺  ファインディングチャート
Tamron SP 70-200mm(85mm f4), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/04, +7℃, 東御市・観測所 ↑N

12等以上の星雲と星団をマークしています。かんむり座は星座としてはとても良くまとまっていて肉眼でもみつけやすい星座ですが、明るい星雲はありません。そのかわり、かんむり座R という明るい爆発型変光星が冠の中に存在しています。

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

NGC 5962(銀河・へび座)


NGC 5962
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2018/04/14, 01h 36m,  +0℃, 東御市・観測所
視野角: 52′ x 35′  ↑N


NGC 5962(銀河), 光度:12.2g mag, 直径:2.5′ x  1.5′, 分類:SA(r)c HII, z 0.006528
RA 15h 36m 31.685s  DEC +16d 36m 27.99s (J2000.0), LGG 400
視野角:約8′ x 5’ ↑N

LGG 400銀河グループ(NGC 5951, 5953, 5954, 5962, UGC 9902)で最も明るい銀河です。おとめ座超銀河団に所属するとされていますが、NEDの距離データによれば、天の川銀河からの距離は最大13600万光年、最小6500万光年となっているので確実ではなさそうです。

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

NGC 5956, NGC 5957(銀河・へび座)


NGC 5956 , NGC 5957
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2018/05/10, 23h 37m,  +1℃, 東御市・観測所
視野角: 52′ x 35′  ↑N(画面下方がNGC 5956, 上がNGC 5957)


NGC 5956(銀河), 光度:13.0 mag, 直径:1.6′ x  1.6′, 分類:Scd?, z 0.006334
RA 15h 34m 58.540s  DEC +11d 45m 01.03s (J2000.0), LGG 401, M98j 246
視野角:約8′ x 5’ ↑N

へび座の頭部δ星の近くにある銀河で、NGC 5957と共にNGC 5970グループ(LGG 401)という小グループに所属するとされます。SimbadではLINERタイプの活動銀河核をもつ棒渦状銀河となっていて、確かに棒構造と良く輝く中心核を写真からも確認できます。NEDではScd?とのみ表記されています。


NGC 5957 (銀河), 光度:12.5 mag, 直径:2.8′ x  2.6′, 分類:(R’)SAB(r)b, z 0.006094
RA 15h 35m 23.214s  DEC +12d 02m 51.36s (J2000.0), LGG 401, M98j 246
視野角:約8′ x 5’ ↑N

擬似的な非常に淡いリング(R’)を外周に持つ銀河です。これもSimbadではLINERタイプの活動銀河核を持つ銀河とされています。

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

NGC 5951, NGC 5953, NGC 5954(銀河・へび座)


NGC 5953, NGC 5954 (Arp 91), NGC 5951
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2018/05/10, 23h 18m,  +1℃, 東御市・観測所
視野角: 52′ x 35′  ↑N


NGC 5953 (Arp 91 銀河)右, 光度:13.0g mag, 直径:1.4′ x  1.2′, 分類:SAs: pec; LINER; Sy2 , z 0.006555
RA 15h 34m 32.3830s  DEC +15d 11m 37.590s (J2000.0), LGG 400, M98j 244

NGC 5954 (Arp 91 銀河)左, 光度:13.7g mag, 直径:1.3′ x  0.6′, 分類:SAB(rs)cd: pec; Sy2 , z 0.006535
RA 15h 34m 35.021s  DEC +15d 12m 00.26s (J2000.0), LGG 400, M98j 244
視野角:約8′ x 5’ ↑N

へび座の頭部にある2つの近接干渉している銀河ペアで、Arp特異銀河カタログでは91番です。1784年にウイリアムハーシェルによって発見され、2重の星雲として記録されています。どちらも重力相互作用の結果として明るい活動銀河核をもち、NGC 5953は、LINER + Sy 2に、5954は Sy2として分類されています。

南にあるUGC 9902とNGC 5951を含んで銀河グループLGG 400に所属するとされます。が、2つの銀河までの距離は少し古い赤方偏移からの距離データでは9,600万光年、最新のデータでは5,200万光年となっていて、距離の誤差は大きく、「グループを形成しているかもね?」ぐらいの信頼性でしょう。


NGC 5951 (銀河), 光度:13.4 mag, 直径:3.5′ x  0.8′, 分類:SBc: sp, z 0.005937
RA 15h 33m 43.06s  DEC +15d 00m 26.2s (J2000.0), LGG 400, M98j 244
視野角:約8′ x 5’ ↑N

 

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

NGC 5981, NGC 5982, NGC 5985(銀河・りゅう座)


NGC 5981, NGC 5982, NGC 5985
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/04, 22h 32m,  +7℃, 東御市・観測所
視野角: 52′ x 35′  ↑N


NGC 5981 (銀河), 光度:13.9 mag, 直径:2.8′ x  0.5′, 分類:Sc? sp , z 0.005884
RA 15h 37m 53.450s  DEC +59d 23m 30.30s (J2000.0), M98j 247

NGC 5982 (銀河), 光度:12.1g mag, 直径:2.3′ x  1.4′, 分類:E3 LINER , z 0.010064
RA 15h 39m 39.829s  DEC +59d 21m 21.02s (J2000.0), LGG 402, M98j 247

NGC 5985 (銀河), 光度:11.9 mag, 直径:5.5′ x  3.0′, 分類:SAB(r)b; LINER Sy1 , z 0.008396
RA 15h 39m 37.09s  DEC +59d 19m 55.0s (J2000.0), LGG 402, M98j 247

視野角:19′ x 13’ ↑N

見かけの形態が異なる3個の明るい銀河が近接して並んでいます。見かけの位置は近接していますが赤方偏移値から空間の位置はかなり離れているようで重力干渉するほどの距離にはないようです。LGGカタログではNGC 5982と5985をLGG 402グループに入れています。


りゅう座 NGC 5907周辺  ファインディングチャート
Tamron SP 70-200mm(85mm f4), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 32=48分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/04/05, -1℃, 東御市・観測所 ↑N

12等以上の星雲と星団をマークしています。

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

NGC 5907(銀河・りゅう座)


NGC 5907
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(改造), ISO12800, 30s x 89=48分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/04/05, 01h 20m,  -1℃, 東御市・観測所
視野角: 52′ x 35′  ↑N


NGC 5907 (銀河), 光度:11.1 mag, 直径:12.8′ x  1.4′, 分類:SA(s)c: sp HII , z 0.002225
RA 15h 15m 53.770s  DEC +56d 19m 43.58s (J2000.0), LGG 396
視野角:19′ x 13’ ↑N

大きく明るいエッジオン銀河でその周囲に恒星ストリームのループ(輪構造)が発見されています、今年は長い露出でループを狙ってみましたがまったく露出不足でした。残念、来シーズンのお題としておきましょう。この銀河の一般的な解説は昨シーズンの記事をご参照下さい。

NGC 5907 周辺の銀河
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 32=48分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/04/05, 01h 20m, +6℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)

NGC 5866
光度 11.3 mag, 大きさ 6.5′ x 3.0′, 分類 SA0^+ ,  z 0.00252
LGG 396 GROUP
M 102? とされる明るいNGC 5866グループの代表銀河。NGC 5907, 5879はこのグループに所属します。

NGC 5874
光度 13.7g mag, 大きさ 1.3′ x 1.2′, 分類 SAB(rs)c HII ,  z 0.010457
LGG 395 GROUP

NGC 5879
光度 12.4g mag, 大きさ 3.7′ x 1.0′, 分類 SA(rs)bc 😕 LINER ,  z 0.002575
LGG 396 GROUP

NGC 5905
光度 12.5 mag, 大きさ 4.0′ x 2.6′, 分類 SB(r)b;  HII ,  z 0.011308
LGG 395 GROUP
拡大すると細く伸びた腕が見事なフェースオン銀河。

NGC 5908
光度 12.8 mag, 大きさ 3.2′ x 1.2′, 分類 Sb ,  z 0.011028
LGG 395 GROUP
M104(ソンブレロ星雲)そっくりな形状の銀河。


りゅう座 NGC 5907周辺  ファインディングチャート
Tamron SP 70-200mm(85mm f4), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 32=48分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/04/05, -1℃, 東御市・観測所 ↑N

12等以上の星雲と星団をマークしています。

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

Sh 2-75(散光星雲・わし座)


Sh 2-75(散光星雲)
, 光度:– mag, 直径:10′ , 分類:E
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/05, 22h 11m, +6℃, 東御市・観測所 視野角:77′ x 51′ ↑N


Sh 2-75(散光星雲), 光度:– mag, 直径:10′ , 分類:E
Sh 2-76(散光星雲), 光度:– mag, 直径:7′ , 分類:E
PK 38+ 2.1(惑星状星雲), 光度:14.2 mag, 直径:5.1′ , 分類:P
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/05, 22h 11m, +6℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)

Sh 2-75, 76は、同方向にありこの地域はミリメートル波で観測すると濃密な分子雲の存在が示唆されています。可視光のファインディングチャートで見ても2つの星雲は「わし座の裂け目」の中にあり天の川の光を遮る星間塵をバックにした存在であろうことは容易に想像ができます。

PK 38+ 2.1は、明るさ14.2等の惑星状星雲で、広角カメラ写真同視野にあるSh 2-75, 76より明るく見えていますが、シャープレスのナンバーはありません。純粋なHα輝線だけで撮影すると暗いのかもしれません。


Sh 2-75、わし座、へび座 付近
ファインディングチャート
Tamron SP 70-200mm(85mm f4), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/05, +6℃, 東御市・観測所 ↑N

わし座の銀河の裂け目周辺には、大小の散開星団が散見されます。

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

Sh 2-73(反射星雲?・ヘラクレス座)


Sh 2-73(反射星雲?)
, 光度:– mag, 直径:75′ , 分類:E+R?
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 45=22分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/03, 22h 11m, +6℃, 東御市・観測所 視野角:77′ x 51′ ↑N


Sh 2-73(反射星雲?), 光度:– mag, 直径:75′ , 分類:E+R?
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 16=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/03, 22h 11m, +6℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)

Sh 2-73は、別名LBN 105、MBM 40、IREC 53と呼ばれる局所分子雲です。この星雲では星形成の兆候はないとされています。(galaxymap.org)
しかし、星雲の色を見ると赤みがかった色をしている部分がありHII領域が混在しているか、もしくは星雲を照らしている恒星の色を反映していると思われます。おそらくそのためにシャープレスの観測でもHα単色光用103aE乾板に写り込んだのでしょう。


Sh 2-73、ヘラクレス座 付近
ファインディングチャート
Tamron SP 70-200mm(85mm f4), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 16=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/03, +6℃, 東御市・観測所 ↑N

(反射)分子雲は恒星もしくは天の川銀河に照らされて連続光で光っています。そのため改造カメラでなくとも長い露出をかければ撮影できます。

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

Sh 2-70(散光星雲?・へびつかい座)


Sh 2-70(散光星雲?)
, 光度:– mag, 直径:5′ , 分類:E?
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/05, 00h 58m, +7℃, 東御市・観測所 視野角:77′ x 51′ ↑N


Sh 2-70(散光星雲?), 光度:– mag, 直径:5′ , 分類:E?
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/05, 01h 14m, +7℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)

Sh 2-70は、へびつかい座にある小さな反射分子雲のように見える星雲です。広角カメラでは周囲に淡い分子雲らしき物も見えているようです。星雲の色は赤みをおびているのでおそらくHII領域が混在する反射分子雲なのでしょう。

Sh 2-70、へびつかい座 付近 ファインディングチャート
IC 4665(散開星団), 光度:4.2 mag, 直径:1.2° , 分類:Open III2P
NGC 6572(惑星状星雲), 光度:8.1 mag, 直径:15″ , 分類:PN
NGC 6633(散開星団), 光度:4.6 mag, 直径:20′ , 分類:Open III2m
IC 4756(散開星団), 光度:4.6 mag, 直径:40′ , 分類:Open III2P
Tamron SP 70-200mm(85mm f4), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/05, +7℃, 東御市・観測所 ↑N

Sh 2-70の周囲には明るい散開星団がいくつか存在しています。NGC 6572は明るい惑星状星雲ですが非常に小さいので、広角カメラの同視野にあるはずですが恒星との判別がつきません。

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

Sh 2-68(惑星状星雲・へび座)


Sh 2-68(惑星状星雲)
, 光度:– mag, 直径:8′ , 分類:E
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/05, 01h 14m, +7℃, 東御市・観測所 視野角:77′ x 51′ ↑N


Sh 2-68(惑星状星雲), 光度:– mag, 直径:8′ , 分類:E
vdB 123(反射星雲)
, 光度:– mag, 直径:10′ x 5′ , 分類:R
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/05, 01h 14m, +7℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)

Sh 2-68は、およそ3万年前に生まれた惑星状星雲で、その膨張は周囲の局地的なガスとの干渉で止まっていますが、中心星は固有運動で動き続けているためその中心にはありません。(参照:galaxymap.org)

不規則な形に広がった惑星状星雲で原板では中心星の存在もわかりました。その位置は確かに中心からはずれていますがそれほど大きくずれているわけではありません、北側に淡く広がるHII領域らしき物が周囲のガスとの干渉によるものでしょうか? 主鏡の温度順応が悪く画質が良くないので拡大していません、来シーズンの再撮影対象としておきましょう。

反射星雲 vdB 123の周辺にはHH(ハービッグ・ハロー)天体が散見されます。こちらの領域も観測対象としては興味深い場所です。

いて座、へび座、わし座 付近 ファインディングチャート
Tamron SP 70-200mm(85mm f4), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/05, +7℃, 東御市・観測所 ↑N

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

Sh 2-67(散光星雲・わし座)


Sh 2-67(散光星雲)
, 光度:– mag, 直径:10′ , 分類:E
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/05, 02h 37m, +7℃, 東御市・観測所 視野角:77′ x 51′ ↑N


Sh 2-67(散光星雲), 光度:– mag, 直径:10′ , 分類:E
Sh 2-66(散光星雲)
, 光度:– mag, 直径:8′ , 分類:E
HaTr 10(惑星状星雲), 光度:– mag, 直径:24″ x 12″ , 分類:P
Abell 48(惑星状星雲), 光度:18.7 mag, 直径:42″ , 分類:P 4
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/05, 02h 37m, +7℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)

Sh 2-67は、非常に淡いHII領域(北側)と反射星雲(南側)とが混在した星雲です。

この星雲の北側にあるHaTr 10という非常に小さな楕円形の惑星状星雲は、スペクトルで強い窒素線を示す極端な双極惑星状星雲とされています。(Akito Tajitsu他、Astronomical Society of Pacific, 1999)広角カメラでもいびつなその形はわかりますから、少し大きな望遠鏡で撮影、分光すると面白いかも知れません。

いて座、へび座、わし座 付近 ファインディングチャート
Tamron SP 70-200mm(85mm f4), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/05, +7℃, 東御市・観測所 ↑N

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

Sh 2-65(散光星雲・わし座)


Sh 2-65(散光星雲)
, 光度:– mag, 直径:7′ , 分類:E
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/05, 02h 06m, +7℃, 東御市・観測所 視野角:77′ x 51′ ↑N


Sh 2-65(散光星雲), 光度:– mag, 直径:7′ , 分類:E
Abell 48(惑星状星雲), 光度:18.7 mag, 直径:42″ , 分類:P 4
NGC 6704(散開星団), 光度:9.2 mag, 直径:6′ , 分類:OpC
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/05, 02h 06m, +7℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)

Sh 2-65は、わし座、たて座の境界付近にある比較的明瞭なHII領域です。たて座の銀河近傍にあるため周囲には多数の星雲・星団があります。Abell 48は惑星状星雲で、カタログデータより実際にはかなり明るいようで320mmの広角カメラでも原板では明瞭に判別できます。

いて座、へび座、わし座 付近 ファインディングチャート
Tamron SP 70-200mm(85mm f4), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/05, +7℃, 東御市・観測所 ↑N

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ