PK 164+31.1(JnEr 1・惑星状星雲・やまねこ座)


PK 164+31.1(JnEr 1・惑星状星雲・やまねこ座)
明るさ 16.8B mag, 大きさ 6.3′ x 6.3′, 分類 PN
RA 07h57m51.62s DEC +53d25m16.94s (J2000.0)
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/02/19, 21h 06m, -2℃, 東御市・観測所 視野角:52′ x 35′ ↑N

1939年にRebecca Jones and Richard M. Embersonによって発見された惑星状星雲です。そのため、英語圏での通称はJones-Emberson 1(JnEr 1)と呼ばれています。彼らの論文の記述からしばらくこの星雲はNGC 2474/2475銀河と混同されていました。これは改訂版NGCカタログ(1973年)の14等星の楕円銀河と同定されるまで続いたようです。

PK カタログは、チェコスロバキアの天文学者 PerekとKohoutek が1967年に発行した天の川銀河系内にあるその当時知られていたすべての惑星状星雲のカタログです。PK 164+31.1 の場合は、銀経164度、銀緯+31度を中心とする1度角四方の中にある最初の惑星状星雲ということになります。

ファインディングチャートの原板を拡大してみると、PK 164+31.1 もNGC2474/2475も確認することができました。今では、80mmの望遠レンズでも確認できてしまう、デジタル機材の進化には驚きます。


やまねこ座 北部 ファインディングチャート
Pentax PDA50-135mmf2.8(80mm f3.5), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/02/19, -2.0℃, 東御市・観測所 ↑N

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

NGC 2532(銀河・やまねこ座)


NGC 2532(銀河・やまねこ座)
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/02/19, 20h 38m, -2℃, 東御市・観測所 視野角:52′ x 35′ ↑N


NGC 2532, 光度 13.5g mag, 大きさ 1.7′ x 1.5′, 分類 SAB(rs)c AGN?, z 0.017519
RA 08h10m15.181s DEC +33d57m23.88s (J2000.0)
視野角:12′ x 8’ ↑N

現在までに、SN 1999gb,  SN 2002hnの2つの超新星が発見されている中間渦状銀河です。どのグループにも所属しない野良銀河とされています。距離推定値は、1.5億光年〜2.5億光年の間ぐらい、と、このクラスの大きさ明るさの銀河の例外に漏れず大雑把にしかわかっていません。


ふたご座・やまねこ座 境界付近 ファインディングチャート
Pentax PDA50-135mmf2.8(80mm f3.5), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/02/19, -2.0℃, 東御市・観測所 ↑N

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

NGC 2415(銀河・やまねこ座)


NGC 2415(銀河・やまねこ座)
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/02/19, 20h  43m, -2℃, 東御市・観測所 視野角:52′ x 35′ ↑N


NGC 2415, 光度 12.3B mag, 大きさ 0.9′ x 0.9′, 分類 Im?, z 0.012622, LGG 148,
RA 07h36m56.69s DEC +35d14m31.1s (J2000.0)
視野角:12′ x 8’ ↑N

小さいけれど明るく輝く青色小型銀河で、SDSSIIの画像を見ると青く輝く腕が見える渦状銀河であることは間違いなく、不規則銀河ではありません。SN 1998Y, SN 2000C と現在まで2つの超新星が発見され、その色からも活性の高い銀河でもあることがわかります。

NGC 2415の西側1’ほどのところに近接して淡い銀河PGC213406が見えていますが、おそらく遠方の関連しない銀河でしょう。(赤方偏移値未測定)

単独で研究対象となることがなかった銀河のためか、出典によって基本データがかなり異なります。NEDの古いデータから不規則銀河とするものが多く、明るさはV等級で10.1〜12.2までばらついていて、現在はやまねこ座にありますが、ふたご座に所属するとするものも多数あります。


ふたご座・やまねこ座 境界付近 ファインディングチャート
Pentax PDA50-135mmf2.8(80mm f3.5), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/02/19, -2.0℃, 東御市・観測所 ↑N

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

Sh 2-311(NGC 2467・散開星団・散光星雲・とも座)


Sh 2-311(散光星雲), 光度:–mag, 大きさ: 45′, 分類: HII
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 45=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/02/23, 21h 32m, -2.0℃, 東御市・観測所視野角:77′ x 51′ ↑N


Sh 2-311(散光星雲)周辺
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 16= 24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/02/23, 21h 32m, -2.0℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)

*仮登録:工事中


とも座中部 ファインディングチャート
Pentax PDA50-135mmf2.8(80mm f3.5), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 16=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/02/23, -2.0℃, 東御市・観測所 ↑N

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

Sh 2-309(散光星雲・とも座)


Sh 2-309(散光星雲), 光度:–mag, 大きさ: 12′, 分類: HII
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 45=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/02/23, 21h 05m, -2.0℃, 東御市・観測所視野角:77′ x 51′ ↑N


Sh 2-309(散光星雲), 光度:–mag, 大きさ: 12′, 分類: HII
Sh 2-307(散光星雲), 光度:–mag, 直径:6′, 分類:HII
Sh 2-306(散光星雲), 光度:–mag, 直径:30′, 分類:HII
Sh 2-305(散光星雲), 光度:–mag, 直径:4′, 分類:HII
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 16= 24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/02/23, 21h 05m, -2.0℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)

*仮登録:工事中


とも座北部 ファインディングチャート
Pentax PDA50-135mmf2.8(80mm f3.5), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 16=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/02/23, -2.0℃, 東御市・観測所 ↑N

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

Sh 2-273(NGC 2264・散光星雲・いっかくじゅう座), Trumpler 5


Sh 2-273(散光星雲), 光度:–mag, 大きさ: 250′, 分類: HII
NGC 2264(コーン星雲 +クリスマスツリー星団), 光度:3.9mag, 直径:20′, 分類:?
LDN 1067(暗黒星雲、コーン星雲), 光度:–mag, 直径:–, 分類:–

BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 45=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/01/20, 22h 20m, -1.5℃, 東御市・観測所視野角:77′ x 51′ ↑N


Sh 2-273(散光星雲), 光度:–mag, 大きさ: 250′, 分類: HII
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 16= 24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/01/20, 22h 20m, -1.5℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)

以前にもお話ししたように、Sh 2-273は広角カメラの視野一杯に広がるHII領域を指します。NGC 2264は、コーン星雲とクリスマスツリー星団を含む領域です。


Trumpler 5 散開星団  視野角:約63′ x 42’ ↑N

Sh 2-273領域の西端に、星図上ではごく小さな散開星団として表記されているTr 5星団があります。実際にRGBカラーで撮影すると大きな密集した赤い星の集団で、星図データよりかなり大きいことがわかります。おそらくHII領域とバックの天の川の恒星と重なっているため測定が難しいのでしょう。

過去の研究から拾った、距離、年齢、大きさなどのデータを列挙しておきます。

視直径 11.6 分角、推定距離 約10,000光年 推定年齢 41億年(1998A&AS..133…25K)

推定年齢 1億2500万年 (AAO image reference AAT 91. 2002)

視直径 7.7分角、推定距離 6200光年〜10,00光年 年齢 45億年〜55億年 (2004MNRAS.349..641P)

推定年齢 29億年〜40億年(2015MNRAS.446.1411D)

Sh 2-273までの距離は、2,600光年と推定されていますから [1982ApJS…49..183B] もしその値が正しいとするとTr 5は、Sh 2-273の分子雲よりはるかに遠い位置にあり、太陽系から見ると銀河中心とは反対側の銀河面・Thin Disk上にあります。
Sh 2-273周辺に広がる濃い分子雲を星団の光は通過していて、光は減衰して赤くなるはずですので、それは星団の星が強い黄色みをおびている原因の一つでしょう。

視直径の計測値は小さすぎ、推定年齢は大きすぎるように思えます。研究によって推定値がかなりばらつくのは、星間塵による光の減衰と星団メンバーの選別の見積もりが難しいためなのでしょう。


いっかくじゅう座、ふたご座、オリオン座 境界  ファインディングチャート
Pentax PDA50-135mmf2.8(80mm f3.5), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 16=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/01/20, -1.5℃, 東御市・観測所 ↑N

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

Sh 2-275(NGC 2246・散光星雲・いっかくじゅう座)


Sh 2-275(NGC 2246・散光星雲), 光度:5.50mag, 大きさ: 1.3° x 1°, 分類: HII
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/02/20, 19h 55m, -4.0℃, 東御市・観測所 視野角:77′ x 51′ ↑N


Sh 2-275(NGC 2246・散光星雲), 光度:5.50mag, 大きさ: 1.3° x 1°, 分類: HII
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 8= 12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/02/20, 19h 55m, -4.0℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)


グロビュール 視野角:19′ x 13’ ↑N

Sh 2-275は、バラ星雲という愛称で呼ばれる明るい星形成、HII領域であり、中心にある散開星団NGC 2244によってイオン化されています。HII領域と周囲の分子雲が接触する境界には、象の鼻、グロビュール(小球)、グロビュレットと呼ばれる構造が見られます。これらの構造は、近赤外で観測すると明るい縁を持っています。(*上の可視光写真でもそれらしい構造は見えます。)

グロビュールの中には、若い恒星天体(YSO)が埋め込まれていますが、その中には明るい空洞壁を持つ流出が発見され、YSOがパーセクスケールの流出を引き起こしている可能性が示唆されています。(Rosette nebula globules: Seahorse giving birth to a star. A&A
Volume 605, September 2017)


いっかくじゅう座、ふたご座、オリオン座 境界  ファインディングチャート
Pentax PDA50-135mmf2.8(80mm f3.5), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 16=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/01/20, -1.5℃, 東御市・観測所 ↑N

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

NGC 2371-2(惑星状星雲・ふたご座)


NGC 2371-2(惑星状星雲・ふたご座)
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/02/19, 20h  12m, -2℃, 東御市・観測所 視野角:52′ x 35′ ↑N


NGC 2371-2, 光度 13.5 mag, 大きさ 0.7′ x 0.7′, 分類 PN,
RA 07h 25m 34.65s  DEC +29d 29m 26.3s (J2000.0)
視野角:12′ x 8’ ↑N

ふたご座の小ぶりな惑星状星雲です。画像を見ても明らかなようにこの星雲は二重構造になっており、それぞれに別々のNGCナンバー、2371, 2372が与えられています。

星雲までの距離はおよそ4,300光年、形成が始まってからおそらく1〜2千年を経過、中心星は外層部を失った赤色巨星のコアで、まだ冷え切ってはおらず表面温度は134,000度と高温です。(Planetary Nebula NGC 2371 | ESA/Hubble 2008)

太陽程度の恒星の末期の姿である惑星状星雲ですが、形成が始まってからまだ間もないため中心星は冷え切っていません。この後、わずか数千年で星雲は宇宙空間に拡散し、中心星は冷え切って白色矮星となります。NGC 2371-2の二重構造の原因ははっきりしませんがHubbleの観測で、中心星は連星でありそのためジェットの噴出方向が変わった可能性が示唆されているので、それと関連しているのかも知れません。


ふたご座・やまねこ座 境界付近 ファインディングチャート
Pentax PDA50-135mmf2.8(80mm f3.5), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/02/19, -5.0℃, 東御市・観測所 ↑N

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

NGC 2289, NGC 2290, NGC 2291, NGC 2294(銀河・ふたご座)


NGC 2289, NGC 2290, NGC 2291, NGC 2294(銀河・ふたご座)
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/02/19, 19h 56m, -2℃, 東御市・観測所 視野角:52′ x 35′ ↑N


NGC 2289, 光度 14.23 mag, 大きさ 1.1′ x 0.7′, 分類 S0, z 0.016468
RA 06h 50m 53.609s  DEC +33d 28m 43.22s (J2000.0)
NGC 2290, 光度 14.16 mag, 大きさ 1.3′ x 0.7′, 分類 (R)SAs :, z 0.016822
NGC 2291, 光度 14.2 mag, 大きさ 1.0′ x 1.0′, 分類 SA0^0^ :, z 0.017362
NGC 2294, 光度 14.9 mag, 大きさ 1.7′ x 0.6′, 分類 E6? :, z 0.017068

視野角:19′ x 13’ ↑N

ふたご座の東側は銀河面から離れるので、ポチポチと系外銀河が見えてきます。NGC 2289, 2290, 2291, 2294 は、およそ2億光年の距離にあり、[CHM2007] LDC 468, [CHM2007] HDC 416 という小銀河グループを形成しているとされます。

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

M 35 (NGC 2168)・NGC 2158(散開星団・ふたご座)


M 35(NGC 2168・散開星団), 光度:5.1 mag, 直径:28′, 分類: OCL
NGC 2158(散開星団), 光度:8.6 mag, 直径:5′, 分類: OCL
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/02/19, 19h 41m, -2℃, 東御市・観測所 視野角:77′ x 51′ ↑N

M 35はふたご座にある散開星団で唯一のメシエ天体です。距離2,800光年、年齢は比較的若く1億5,000万歳、拡散していて、30光年の空間に約2,500個の青い星が広がっています。NGC 2158は年老いた密集した散開星団で、距離はM35の4倍(約11,200光年)、年齢は10倍以上古く(20億歳)はるかにコンパクトで密集していて、星団の色は年老いた黄色い星に支配されています。(APOD 2013年1月3日号 より)

NGC 2158は、現在は散開星団に分類されていますが、かなり変わった存在です。一般に散開星団は、他の星団やガス雲と遭遇することで寿命は数億年、若い青い星から形成されています。が、NGC 2158は、年齢20億年、金属の欠乏した年老いた恒星で形成されています。しかしその位置は、一般の球状星団とは異なり銀河面に沿った薄い円盤の中にあります。球状星団の研究が進み、その形成と進化が個別の球状星団によってかなり異なる可能性があるらしいことがわかってきました。もしかしたら、(一度は否定された)球状星団と散開星団の中間的な存在なのかもしれません。


ふたご座、オリオン座 境界  ファインディングチャート
Pentax PDA50-135mmf2.8(70mm f3.5), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 16=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/01/21, -6℃, 東御市・観測所 ↑N

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

ネオワイズ彗星 (C/2020 F3) 2020/07/19


ネオワイズ彗星 (C/2020 F3)
Pentax PDA*50-135mm f2.8(50mm f4.5), Pentax K5-IIs(ノーマル), ISO1600, 露出30s x 1枚  Pentax アストロトレーサーで自動追尾, 新潟県長岡市寺泊町金山, +23.0°C, 2020/07/19, 20h50m JST.

大彗星となったネオワイズ彗星。残念ながら日本からは位置も天候も恵まれず、なかなか見ることができませんでした。自宅からも観測所からも見えそうもないので、日本海側に移動して撮影。雲間になんとかその姿を見ることができました。

Pentax アストロトレーサーを久々に使用しましたが、カメラだけで星を自動追尾してくれる機能はこういう時はとても便利です。三脚とカメラだけで自動追尾ができるGPSユニットの機能で赤道儀いらず、こういうときの移動観測にはとてもありがたい機能でした。

 

カテゴリー: 彗星 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

Sh 2-248(IC 443・超新星残骸・ふたご座)


Sh 2-248(IC 443・超新星残骸), 光度:–, 直径:50′, 分類: SNR HII
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 45=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/03/20, 19h 20m, +0℃, 東御市・観測所 視野角:77′ x 51′ ↑N


Sh 2-248(IC 443・超新星残骸), 光度:–, 直径:50′, 分類: SNR HII
Sh 2-249(散光星雲), 光度:–, 直径:80′, 分類: HII
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 16= 24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/03/20, 19h 20m, +0℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)


ふたご座、オリオン座 境界  ファインディングチャート
Pentax PDA50-135mmf2.8(70mm f3.5), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 16=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/01/21, -6℃, 東御市・観測所 ↑N

このページ仮登録、工事中

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

Sh 2-253(散光星雲・ふたご座)


Sh 2-253(散光星雲), 光度:–, 直径:5′, 分類: HII
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 45=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/01/21, 22h 26m, -6℃, 東御市・観測所 視野角:77′ x 51′ ↑N


Sh 2-253(散光星雲), 光度:–, 直径:5′, 分類: HII
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 16= 24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/01/21, 22h 26m, -6℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)


ふたご座、オリオン座 境界  ファインディングチャート
Pentax PDA50-135mmf2.8(70mm f3.5), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 16=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/01/21, -6℃, 東御市・観測所 ↑N

Sh 2-253は、小さなリム状のHII領域ですが、広角カメラで見ると大きく淡く円形の広がったHII領域の一部のようにも見えます。距離や位置の研究は少なくB 1.5Vの恒星LSV +20 40によって電離している(Galaxymap.org)とされていますが、はっきりしません。

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

Sh 2-247(散光星雲・ふたご座)


Sh 2-247(散光星雲), 光度:–, 直径:9′, 分類: HII
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 23=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/11/01, 02h 59m, -6℃, 東御市・観測所 視野角:77′ x 51′ ↑N


Sh 2-247(散光星雲), 光度:–, 直径:9′, 分類: HII
Sh 2-252(NGC 2174/ 2175・散光星雲), 光度:–, 直径:40′, 分類: HII
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 8= 12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/11/01, 02h 59m, -6℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)


ふたご座、オリオン座 境界  ファインディングチャート
Pentax PDA50-135mmf2.8(70mm f3.5), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 16=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/01/21, -6℃, 東御市・観測所 ↑N

Sh 2-247はオリオン座、ふたご座境界付近にある小さなHII領域です。星雲は37,000太陽質量のガスとダストを持ち、距離2,200 pcにある、ふたご座OB1アソシエーションの一部であり、それはCOフィラメントによって物理的にSh 2-252と繫がっているとされています。(Multi-line observations and analysis of the Sharpless 247/252 gas complex, Koempe, C., Baudry, A., Joncas, G., et al.  A&A 1989)

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

Sh 2-240(超新星残骸・ぎょしゃ座)


Sh 2-240(超新星残骸), 光度:–, 直径:180′, 分類:SNR HII
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 16= 24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/01/21, 23h 27m, -6℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)


Sh 2-240(超新星残骸), 光度:–, 直径:180′, 分類:SNR HII
上記画像のRチャネル画像を反転処理

大きな超新星残骸で、アマチュア天体写真家の皆様には人気の星雲です。HEUIB-IIフィルターをつけたカラーカメラのRチャネルはほぼHα単色光の写真となります。Rチャネルだけを抜き出すと星雲の微細な構造も見やすくなります。
次シーズンは全体像がわかるように撮像してみたいものです。

今シーズンはありがたいことに、天候に恵まれ撮像した画像の処理が追いつきません。ペースを上げて(解説を手抜きして?)早めに好きな春の系外銀河に行きますかね。

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ