スピネル 尖晶石

スピネル

スピネル

鉱物名:スピネル 和名:尖晶石
通称:ルビースピネル
組成:MgAl2O4 結晶:等軸晶系
色:無色、青、黄、赤など 条痕:白
標本産地:ミャンマー、Mogok

主に変成岩中から産出する酸化鉱物で、さまざまな含有鉱物により赤や緑、青、黒など多彩な色を持つ。クロムと鉄により赤くなった物がもっとも有名で、宝石として用いられる。過去にはルビーと混同されたこともあり、英王室の王冠にもルビーとして使用されていた。スピネルの結晶は、スピネル双晶と呼ばれる双晶を作り正八面体か三角板状双晶となるので、六角形に成長するルビーと区別することができる。

広告
カテゴリー: 鉱物図鑑 パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中