iPhone用 小型Bluetoothキーボード

0118
Foldable Bluetooth keyboard for iPhone
iPhone用の折りたたみBluetoothキーボード、だいぶ使い込んだので、ちょっとまとめてみる。商品名は、Foldable Bluetooth Keyboard モデルMP-0118、メーカー名不明、カナダデザイン、中国製。国内ではまだ正式には販売されていないので、e-bayなどのネットショップで海外から購入する。だいたい送料込み60ドルぐらい、これは香港の会社に注文して1週間ほどで国際郵便で届いた。
key1
●電源は単四電池1本、キーボード上部の電池ボックスに入れる。電池1本なので、その分軽量、連続駆動時間も3ヶ月!(カタログによる)●重量は電池別で約103g●キーピッチはさすがに狭いが、ブラインドタッチは十分できる、手の小さい私にはむしろピッタリ。ストロークもありキータッチもノートパソコンと同等。●Mac OSに対応している、Cmdキーがあり、iOS4上でも日本語ローマ字入力、英数字入力の切り替えは、Cmd+SPACE、カット、コピーもCmd+C、VでできるのでMacユーザーには違和感が無い。もちろんウィンドウズや他のスマートフォンにも対応している。●数字、記号はキーを切り替えて使うがキーの配置と形状がこなれているためか、入力はしやすい。
gamen

iPhoneとの接続は、設定▶一般▶bluetoothで、電池を入れたキーボードを開く(折りたたんだ状態では電源オフになる)、キーボードで、Cmd+Findキーを押すと、iPhoneがキーボードを認識してキーコードの入力を促してくるので、表示されている数字をキーボードから入力する。この作業は、iPhone側のbluetoothをオフにしない限り、最初の一回のみ。次回からは、自動認識してくれる。日本語ローマ字入力と英数字の切り替えは、Cmd+Spaceで切り替えられる。カーソルの移動は、矢印キーで可能、画面をタッチする必要が無い、コピペ範囲の選択は、Shiftキーを押しながら矢印キーで選択できる。この辺はMacOSに準拠している。ん?iOS4なんだから当たり前か?!今のところ大きな問題は無いが、あえて言えば、●外部キーボードに完全に対応していないソフトウエアが多い。外部キーボードは使えるのだが、ソフトウエアキーボードがあるべき場所に大きな空白ができて、画面が広がらない。純正メモやEvernoteなどではすでに対応されていて広々とした画面で入力できるが、まだ対応したソフトは少ないようだ。●日本語入力時の、数字入力。数字キーモードにすると矢印キーには記号が割り当てられてしまうので、候補選択ができなくなる、一旦数字キーモードを解除する必要がある。●あ、重要なこと忘れていた!旧モデルでも使えるけどiOS4が必須なので、OSのバージョンアップが必要、OS4にしたうちのG3Sでは全く問題なく元気に動いています。

まあいろいろあるけど、ともかく、文字入力は飛躍的に楽になり、iPhoneの使用頻度が上がったのは確か。iPhoneの文字入力に手こずっている人に絶対お勧めのアクセサリーだと思うよ。

広告
カテゴリー: Mac and iphone タグ: , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中