トパーズ 黄玉

鉱物名:Topaz 和名:黄玉
通称:トパーズ
組成:Al2SiO4(F,OH)2 結晶:斜方晶系
色:無、青、ピンク、黄など 条痕:白
晶癖:柱状 硬度:8 劈開:一方向に完全
標本産地:米国 ユタ州 トパーズ山

アルミニウムのケイ酸塩鉱物、水酸基もしくはフッ素が付加され、2種に分類される。水酸基タイプは、インペリアルトパーズやピンクトパーズ、フッ素タイプには、ブルートパーズ、ホワイトトパーズなどがある。宝石としては、シェリー色のインペリアルトパーズが最も人気があり高価。ブルートパーズの天然のものは、ごく薄い青色、鮮やかな色の宝飾品は放射線処理で色を濃くしたもの。標本の産地、米国ユタ州産の結晶は色、形共に最高級だが、残念な事に大きな結晶を産出しない。

広告
カテゴリー: 鉱物図鑑 パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中