Mordenite モルデン沸石

鉱物名:Mordenite 和名:モルデン沸石
通称:ー
組成:(Na2,Ca,K2)4Al8Si40O96・28H2O 結晶:斜方晶系
色:無〜白、ピンク、黄、赤など 条痕:白
晶癖:毛状 硬度:4 劈開:一方向に完全
標本産地:静岡県 河津浜

沸石は、化学式から推定できるように、結晶構造にアルミニウムとケイ素の骨格を持ちその空壁に水、ナトリウム、カルシウムなどを含んでいる。熱すると骨格構造を残したまま沸騰するように水分を失うので沸石の名がある。標本は、静岡県伊豆半島、河津浜で採取したもの、毛状の結晶は触ると変形してもとにもどらず、洗うことも厳禁、扱いが厄介な結晶。沸石は種類が多く日本で発見された湯河原沸石というものもある。知らない人は意外に思うかもしれないが日本は産出する鉱物の種類は非常に多い、鉱物大国なのだ。今は小規模不採算な鉱床も、将来経済的に破綻して、1ドル360円の時代が再びくれば、金鉱山などは確実にいくつかは再開するだろうな。まあ、そういう時代はあんまり来て欲しくはないような気もするが、当面はせっかくの種類豊富な日本の鉱物をポチッと採取して楽しむのが良いのかもしれない。

広告
カテゴリー: 鉱物図鑑 パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中