古代東海道散策・店屋駅(武蔵)と夷参駅(相模)を結ぶ道

武蔵の国、店屋(まちや)駅が古代東海道駅路の駅としていつ頃から使われて位置がどこかは、はっきりしない。多分地名から現在の東京都町田市町谷、あたりだっただろうと推定されている。夷参駅(いさま)の駅も同様、神奈川県座間市入谷あたりか?と言われている。この2つの駅名の記された文献は100年以上の年代差があるので、同じ時期に使われたかどうかはわからない。古代東海道に比定される旧国道246号、矢倉沢往還は町田市町谷を通っていない、江戸、明治期の地図でも同様もっと南下した位置を通過している。店屋駅が町田市町谷にあったなら次の駅と相模台地の上を直線で結ぶ道があるはずだろう、ということで例によって明治時代の地図でそれらしい道を捜してみる。


するとそれらしい道が現在の相模カントリークラブの脇を通っていることを発見、座間市入谷付近と町田市町谷をほぼ直線で結ぶことができる。この道をさっそく歩いて確かめてみた。

大和市公所(くぞ)にある浅間神社、町田市町谷から境川を渡った所にある集落で公所という地名から何らかの朝廷の出先機関(関所?)が置かれたのではないかと推測されている。

境川を渡ったところ河岸段丘上に定方寺がある。この脇を旧道が通っている。今回は段丘下の道を通ったが本来は定方寺脇を通って、公所の集落を通過して16号(昔の滝川街道)にぶつかるのが正しい道だと思われる。

小道は国道16号で遮られるので、少し戻って歩道橋を渡ると、あれ?さびれた冨士塚がある。ここは前出の浅間神社が以前あった場所とのことで、昭和56年に16号バイパス拡張の時に神社は移転し冨士塚だけが残された。店屋、定方寺から続く道はこの場所で旧滝山街道と交差していたようだ。浅間神社はかつては鶴間神社とよばれこの地域の総鎮守であったらしい、街道に面した重要な位置にあったと考えて良いだろう。

道は深掘中央公園、中央林間小学校、東林中、を経由して小田急江ノ島線を渡りやがて相模カントリークラブの脇を通る。

道はほぼ直線で相模台地を突っ切ているが、旧道の面影を残す物は何もない。明治の地図を見てもこの道の周囲は畑と雑木林で人影もまばらな場所だったのだろう。

県道50号(座間街道)にぶつかるまで道は平坦でひたすら直線、県道50号を越えると目久尻川でできた谷地形に降りていく。

谷から上る道は、小池窪の坂という名前がつけられているらしい。この坂を登ると再び道は直線で相武台前駅まで平坦な道が続く。相武台前駅にぶつかるとこの先の道が線路と新しい道に挟まれて旧道は判りにくくなってしまう。

明治時代の地図を見ると、旧道は段丘上の端を南下し谷戸山公園の中を通過して、小田急線を渡り星谷寺に出ている。地図中青い線が今回歩いたGPSデータを投影したもの、少々本道を外れてしまったようだ。Google Earthをうまく使うと、明治時代の古地図上に現代の道路、建物を投影、さらに歩いた経路のGPSデータも投影して見ることができる。あれまあ、今までの苦労はなんだったんだと思えるような機能が実現できる。方法は近々まとめてご報告する予定。

本道からは少し外れているが、谷戸山公園につながる段丘崖の道は古道の雰囲気を残している。

やがて道は星谷寺に出る。この寺は坂東三十三カ所、第八番札所。重要文化財 嘉禄三年記 梵鐘 などがある古刹。

古い町並みがまだ残る星谷寺前の道を座間駅方面に向かう。

座間駅前の交差点を右折して、相模川の段丘崖を下る梨の木坂に行く。ここには梨の木坂横穴墓群と呼ばれる遺跡がある。相模川の段丘崖に作られた大規模な墓群で50基ほどが確認されている。横穴墓は6世紀〜7世紀、ちょうど飛鳥時代に作られた物で、鉄ぞく(鉄製やじり)ガラス製装飾品、刀装金具などが発掘されている。当然飛鳥時代には、この地域に大きな集落かもしくは何らかの機関が存在したと考えて間違いないだろう。この坂を下ると相模川の作った平地で、相模川の渡河地点、座間新田、中依知へと続く。夷参駅(いさまのうまや)が文献に出てくるのは771年の続日本記、駅がこの周辺にあったとすると次の店屋駅と結ぶ道は、距離、道の形状などから今回通った道が最有力候補になるだろう。旧国道246経由では大きく迂回するうえ、直接店屋駅に出ることができない。905年の延喜式では夷参駅はなくなり、変わって浜田駅(海老名市浜田)の名称が見える。海老名市望地(旧国道246)の古代道路遺跡は平安時代初期のものと推定されているので、平安時代初期に現在の旧国道246に比定される古代東海道が整備され、大山街道、矢倉沢往還、青山街道、国道246号として使われ続けて現在にいたるのだろう。延喜式にも店屋駅は存在するがわざわざ迂回したとは思えないので、位置は変更されていたのではないかと想像する。

広告
カテゴリー: 古道散策 パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中