DCアイリス・ビデオアイリス変換器

フジノンのf0.95レンズを手持ちのWatec LCL-217HSに取り付けるためには、DCアイリス(レンズ)をビデオアイリス(カメラ)に変換してやらないと使えない。最近のカメラは自動切替でどちらも使用できるようになっているものが多い。自動アイリスのレンズは通電されていないと絞りがクローズになるので、単純に取り付けただけでは画像を見ることすらできない。そこで、Watec純正でHC-01という変換器を作っているはずなので入手すべく捜したが、これがすでに製造中止でどこにもない!あせって方々さがすと「ユニエル電子」さんで「EA-BOX」という変換器を販売していた、しかしこれはEIAJ規格でWatec規格と信号の結線番号がちがう(コネクター形状は同じ)。まったくややこしいのだが、他には変換器はなさそうなのでEA-BOXを購入して、コネクターをばらして結線を変えることとした。

結線は、信号ピンの2番と3番を入れ替えてやれば良い。信号線で表記すると、1番ーVCC(赤) 2番ーCTRL(白) 3番ーGND(緑) 4番ーGND(黒)
これで無事DCアイリスのレンズを旧Watec仕様のカメラに取り付けることができるようになった。この変換器もいつまで販売されるかわからないようだから、Watec旧型機を持っている人は今のうちに手に入れた方が良いかも知れない。(ユニエル電子さんで、2,520円、送料200円でした。)

関連記事
Fujinon YV2.8X2.8LA-SA2 f0.95レンズ
DCアイリス・ビデオアイリス変換器(この記事)
曇り空の中の小放電現象

広告
カテゴリー: 天文機材, 星空観望 パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中