スターリンヒル鉱山の蛍光鉱物

鉱物名:珪亜鉛鉱、紅亜鉛鉱、方解石、フランクリン鉄鉱 を含む鉱石
通称:ー
組成:ー 結晶:ー
色:紫外線により珪亜鉛鉱は強い黄緑色の蛍光、方解石は赤の蛍光を示す。
標本産地:米国ニュージャージー州 スターリンヒル鉱山

写真は短波紫外線による蛍光。ニュージャージー州のスターリンヒル鉱山、フランクリン鉱山は、マグマの貫入を何度も受けた複雑な地層で、特殊な変成作用鉱化作用を受け希少な鉱物、蛍光鉱物を多数産出する。珪亜鉛鉱は、紫外線によって非常に強烈な黄緑色の蛍光を発し、蛍光灯の蛍光物質はこの鉱物の類似化合物が使用される。この鉱石の蛍光鉱物は他産地の同じ鉱物より強い蛍光を発する。方解石の赤色蛍光も強烈な赤で、他産地の柔らかい蛍光とは異なる。

広告
カテゴリー: 鉱物図鑑 パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中