Powerbook G4(ノートMac) 音声入力のノイズ、Line入力の怪

VLF受信機の信号をパソコンに取り込むため、まずは、PowerBook G4の内蔵オーディオ入力を使用することとした。単純に信号を音(オーディオデータ)として記録するので、PowerBookの外部入力端子に信号線をつないでやれば良いだけ・・・・と思っていたら、これが長い迷宮への入口だった。

1.Mac オーディオ外部入力規格の怪
MacというかPowerBookのオーディオ外部入力はMIC入力ではなくて、Line入力なのでマイクなどをつなぐ場合は途中に適当なアンプ(プリアンプ)をつなぐ必要がある。どうしてこんな中途半端な規格にしてあるのか知らないがこのためにWin用のスカイプ用マイクやカメラは使えない物が多いので注意。これは知っていたのでプリアンプを作っておいた。

2.Line入力に機材をつないでもOSが認識しない
OSX 10.5.8を使用しているが、多分OSのバグ、ノート型にLine入力で音声取り込みする人は少ないんだろうな。解決方法は、システム環境設定ーシステムースピーチでマイクをライン入力にする。そうするとようやくシステム環境設定ーサウンドでライン入力を選択、設定できるようになる。やれやれ、

3.内蔵オーディオのノイズ
ここまでで大分疲れたのだが、ようやく機材はつながり内蔵スピーカーから音が出てきたが・・・・むちゃくちゃノイズだらけというかノイズで肝心な信号はまったく聞こえない、ちょっと調べるとノート型の内蔵オーディオはすこぶる評判が悪くノイズが多いらしい。ここで内蔵オーディオはあきらめてノイズの影響を受けにくいであろうUSBでの音声入力に方針転換。

4.USBアダプター  PL-US35APを使用してみる。

とりあえず安かったので、プラネックスのUSBアダプターPL-US35AP(約2K円)を取り付けて様子を見てみる。結果若干の改善!いろいろ試行錯誤したがACアダプターを外すと大方のノイズが消えることを発見。それでも8KHzぐらいの強いノイズがのこりピーピー言う。流星キャプチャーと併用するので連続8時間ぐらいは動かすから電池駆動は無理、どうしてもAC駆動が必要なので電源フィルターを検討してみる。ピーピーというノイズは安いUSBアダプターのためだろうということで、PL-US35APよりもうちょっと高級な物を物色してみる。

5.Furman-SS6Bを使用してみる

原因はAC電源・ACアダプター周辺からのノイズであろうということで電源回りの対策を練るがとりあえずやってみないとわからないので、オーディオ用で評判の良いファーマンSS6Bを購入。サージ・ノイズフィルター付き6口タップ、金属製のケースでずっしり重くこれは効きそうだ。アース線もしっかりとって使用してみると・・・すべてのノイズがウソのように消えた!およそ4000円のSS6Bすごい! しかし、これは早とちりで、PowerBookのACアダプターのアースを取るとノイズは劇的に消えるということだった。やれやれここまで一ヶ月近くかかっちまった。ちなみにピーピーというノイズも消えPL-US35APでもまったくノイズは載らなくなった。ちょっと高級なUSBオーディオアダプターも買っちまったんだけど、うーん性能にまったく差がないのでボツ。ノート型のPCでオーディオにノイズが載るとお嘆きの皆さん、ACアダプターのアースを取ると効果大だと思うよ。

広告
カテゴリー: Mac and iphone パーマリンク

Powerbook G4(ノートMac) 音声入力のノイズ、Line入力の怪 への2件のフィードバック

  1. パークス より:

    Furman-SS6Bのコンセントの間にあるネジにアース線を接続していますが、これは正しい接続の仕方なのでしょうか?アースの効果を得られるのでしょうか?

    • orio より:

      テスターを当ててもらえばわかりますが、このネジはアースと繋がっているので(3個とも)アース端子として使用して問題ないと思いますよ。実際にここにつなげるとMacのACアダプターのノイズは消えます。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中