スイッチングACアダプターの低周波ノイズ

秋月電子のACアダプターは種類は少ないけれど、いずれもコストパフォーマンスに優れた物が多いので良く利用している。今回ADVC-55の電源を取るために5Vとカメラ用の電源に12Vの超小型スイッチングACアダプターを購入してみた。写真上が今まで使っていた12V3Aのもの、下が秋月GF12-US1210、12V1A いやー小さい、大幅に省スペース化できて発熱も少なそうだ。さっそく流星キャプチャーのカメラ電源などに使用してみると・・・・こりゃあかん!ELF,VLF受信機に激しい、エアコンのインバーター並のノイズが入る!これだけ激しいとオーディオ、ラジオなど低周波を扱う物は全滅だな。残念ながらノイズ対策がほとんどなされていない製品のようだ。あわてて元のACアダプターにもどす。大型のACアダプターはスイッチングタイプだが低周波でのノイズはほぼ皆無、スイッチングタイプでも容量の大きい大型の物は一般にノイズ対策も施されていてノイズは少ないらしい。Watekのビデオカメラ用純正ACアダプターはトランスタイプでこれもノイズは無い。オーディオや低周波の測定をする場合は電源回りのノイズに十分注意する必要がある。今までは、画像のみで音を扱っていなかったので気がつかなかったようだ。というわけで今回、機材の省スペース化のもくろみは失敗に終わる。

広告
カテゴリー: etc..., 天文機材, 星空観望, 流星・火球 パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中