ELF/VLF音を伴う流星近況

ようやく秋本番の星空がやってきた南関東、捕らえられる流星数がグンと増えた。とりあえずここ2日ほどの明瞭なELF/VLF音を伴う流星の動画をどうぞ、静止画像をクリックすると動画(mp4)を見ることができます。

2011/11/01 /01h37m36s パツッ・プツプツ・・・という音

2011/11/02 /00h02m07s パツッ・プツプツ・・上と同様の音

ほぼすべての流星がELF/VLFを伴うが電波の強度は通常非常に弱い。流星の明るさとELF/VLF音の強度は単純比例はしない。スペクトルは雷等の放電に伴う物とほぼ同じで区別はつけがたい。電波を生成するメカニズムは不明で、流星速度との関連も薄い。流星の音(音波)とは直接的に関連はないかもしれない? まあ、そんなところで暗中模索中。現状ではもう少し感度が欲しい、というわけで受信機2号を計画中。

広告
カテゴリー: 星空観望, 流星・火球 パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中