星の谷道・星谷寺(座間市)〜鶴間宿(大和市)

明治12年の陸軍測量図に、現在の道路を投影したもの。地図中赤い線は今回歩いた経路。

現在の地図でルートを見る

星の谷道は、相州八番札所・星谷寺(座間市)と大山街道(旧国道246号)鶴間宿を結ぶ道。江戸時代末期は庶民の娯楽として各地の札所巡りが盛んに行われた。この道もそのための道として又耕作地への生活の道として使われたであろう支道。昭和4年の林間都市計画地域、その後海軍厚木工廠、二次大戦後日産座間工場と大規模開発されてきた場所なので道は残っていないだろうと思っていた。しかし今回明治の測量図を元に歩いてい見ると、ほぼ道の全線が残っていた。

出発は星谷寺から、

 

寺の裏を通る道が旧道、小田急の踏切を越えると段丘の森(谷戸山公園)の中に道が続く。

 

嘉平坂と呼ばれる坂道(石碑あり)を目久尻川に向かって下っていく。道を目久尻川左岸に沿って行くと崇福寺前に出る。この付近の段丘崖には、奈良時代の崇福寺北横穴墓郡がある。目久尻川渡河点がはっきりしないが、付近の適当な橋を渡って右岸の段丘崖を登る。

 

段丘崖を登り切ると、やがて道は北向庚申堂という名前の神社脇を通る。ここは庚申塔がご神体の神社(神社として神社庁に登録されていた)当然祭られる神は庚申様のはずだが、便宜上祭神は猿田彦命という日本的なおおらかな神社。道は南林間駅に通じる大きな道と交差するが、旧道は谷地地形に沿って北上する細い道が本道。

 

薄暗い道を抜けると相模台地の畑の中の一本道となる。

 

道沿いのゴルフ練習場の脇に星の谷道の石碑がある。石碑を過ぎると道を挟んで左右は日産座間工場の広大な敷地となる。この工場は旧海軍工廠跡地に作られた工場だが、旧道はそのまま残して作られたらしい。ほぼ明治の測量図通りの道が残っているのには少々驚いた。

 

道は工場地帯を抜けると、大和市に入り大和西高校、南林間中学校の脇を抜けていく。この地域は昭和4年小田急江ノ島線開設に伴って、大規模都市計画・林間都市計画によって開発された地域、当然旧道は消えているものと思っていたが、しぶとく残っているのだ、旧道はこの地域の他の道のように碁盤の目条に真っ直ぐには切れておらず、緩やかに蛇行し鈎状の交差点を従えながら進んでいる。この道を北端として林間都市の道は南側に碁盤の目条に広がっている。

 

しぶとく残っていた旧道も小田急江ノ島線に遮られ、ここで一旦行き止まりとなる。ここで少し迂回して踏切を渡り、現在の座間街道に合流する。

 

再び旧道は現在の街道から離れ、旧道の面影を色濃く残す鶴間宿の大山街道(旧国道246号)、滝山街道との交差点につながる。

 

道の終点、旧国道246号との交差点には、石塔、常夜灯が残され、見上げる段丘上に鶴林寺がある。

 

少し旧道を戻ると、鶴間の諏訪神社があるので立ち寄ってみると良い。境川の段丘上の要所にいくつかの末社を持つ神社。創建時期は不明だが、現在境川沿いに建つ市内の神社で最も立派な社殿と広い敷地を持つ。境川は、武蔵の国と相模の国の国境であり、大和市内では北から、浅間神社、諏訪神社、深見神社とあるがいずれも交通の要地に建っている。浅間神社はかつては鶴間神社と呼ばれこの地域の総鎮守であったと伝えられ、公所という地名と対岸は町田市町谷で古代東海道、店屋駅があったと推定されているので古東海道に面していたと考えられる。深見神社は式内社であり、古代官道の特長を残すと言われる中原街道に近い。そしてこの諏訪神社は平安時代には東海道として機能していた旧国道246号の脇に建っている。

広告
カテゴリー: 古道散策 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中