EBC Fujinon 28mm f3.5(M42)

M42スクリューマウントのレンズ。富士写真光機のフジカAZ-1と一緒に昔中古で購入。名玉の噂があり一時価格が高騰したことがあった。フィルムの時はボディーがぜんぜんダメ、描写もぱっとしなくてすぐにお蔵入り。Fuji X-Pro1を買ったので記念にキポンのアダプターで取り付けて撮影してみた。

 

おっ!けっこういけるか?と思ったが、よーく見るとなんだか描写が甘い。富士写真光機と富士写真フイルムは親戚だけど別の会社だった。光機は質実剛健でごついカメラや防衛用光学機器なんかを作っていた。一眼レフは途中で撤退。デジタルカメラは富士写真フイルムの製品。まあだからX-Pro1とこのレンズは同じ会社の製品とは言えないかも知れない。今は統合されて同じ会社のようだが。

 

等倍で見てみると、全体に解像度が低いのが良くわかる。葉っぱや小石が分解していない。フィルムで今一描写がぱっとしなかったのはこの解像力不足だろうな。デジタルにつけると性能が手に取るようにわかってしまう。名玉の噂は残念ながら真実ではなさそうだ、f3.5と欲張らない明るさだからもう少し描写が良くなくては名玉とは言えないなあ。

広告
カテゴリー: モダンクラシックカメラ パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中