流星2012/09/29_02h40m

自宅用の流星カメラ機材を一新して調整中。 カメラはWATEKのWAT-902H3 ULTIMATE にレンズはSPACECOMのTAV308DCバリフォーカル3-8mmF0.95IR。レンズは1万円以下で手に入る、周辺は甘いが中心のピントは悪くない、FUJINONより良さそう。ただし月が視野内にあるとゴーストが出る。カメラはモノクロで感度が上がったので蓄積しなくても恒星も写る。EGCを最高感度にするとノイズがバリバリなのはしょうがないけど、ピークホールド画像にメッシュ状のノイズが出る。まあカメラ、レンズを調整して10月以降の流星群に使用してみるつもり。
今まで使用していたカラーカメラは観測所に設置して自宅から遠隔操作で撮像をすることにした。9月中旬設置完了して自宅より遠隔操作(画面共有)にも成功。おおさすがに空の良いところは星の写りも違うと喜んでいたのもつかの間、遠隔操作をミスってサーバーをロストしてしまった。復帰できず、すぐには現地に行けないので10月中旬まで放置、オリオン群には間に合わせたいなあ。

広告
カテゴリー: 星空観望, 流星・火球 パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中