撮影機材を変更しました(SW・BKP300)

写真 2014-09-29 11 02 26

毎回移動観測のようにLX200を組み立て調整するのもしんどくなってきた。ルーフの中のFCT-125(560mm f4.5)だと系外星雲を撮るには焦点距離が足りない。そこで鏡筒をSW社のBKP300(1500mm f5)に変更してみた。格安、超軽量、中国製30cmなので一抹の不安はあるが?

広告
カテゴリー: 天文機材, 星空観望 タグ: パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中