IC5146(はくちょう座、散光星雲)(Fuji XM-1で撮る天体写真)

IC5146
IC5146(はくちょう座) 12′ x 12′
BKP300(1500mm f5)+フラットナー, 160JP, Fuji XM-1, HEUB-II, ISO6400, 1m x 8 , 2014/10/18

この日は透明度が上がらず、時々うす雲も流れてあまり条件がよくなかった。Fuji XM-1はタイマー付きリモコン(JJC MT636)がつけられ液晶がチルトするので便利。MT636はケーブルを変えることでいろいろなメーカーに対応するコントローラ、JJC Cable R for FUJIFILM F3 を使えばFuji XM-1に何の加工も無く取り付けられます。ただしインターバル時間の設定が、露出時間+インターバル時間になるので少々とまどうかもしれない。

Fuji XM-1で星野写真を撮ってみるとこんな感じ。
FD35-141018
Fuji XM-1, Canon FD35mm f2, HEUB-II, ISO3200, f3.5 2m x 4
30年前のレンズが生き返ってうれしい、ただKIPONのレンズアダプターが精度不足?で片ボケになってしまった(画面の下部ほど甘くなる)。FD24mmでは風景の撮影で片ボケしていたのだが標準、望遠レンズだと影響ないのでレンズのせいだと思っていた。どうもアダプターのせいらしい。広角系のレンズには精度の高いアダプターが必要なようだ。

10/27追記 LRGBに分離して処理してみた。色の抜けがよくなったような気がする。色を強調したい時は良いかもしれない。
IC5146-L2-lrgb

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中