NGC2264付近(散光星雲・いっかくじゅう座)

NGC2264-1512full
NGC2264付近(コーン星雲からクリスマスツリー星団)
BKP300 1500mm f5, MPCC-MK3, HEUIB-II,  Sony α7s(新改造)フルサイズ
ISO12800, 30s x 16, TS-160JP, TemmaPC, ,  2015/12/07
RStack(ダーク処理)Lightroom 6.0(現像)SI6.5(フラット処理、コンポジット、デジタル現像)Photoshop CS3(色調調整)

ちょうど全景が1500mmのフルサイズの画角にすっぽり収まります。青と赤の星雲の色のコントラストが見事な領域です。

*追記:2016年2月に北側に広がる星雲部分が入るように撮影、処理も少し変えました。NGC2264-1602full

*追記:2017年01月 FSQ85EDとK-70(改造)でこの付近を撮影しました。ngc2264-fsq-1701
視野角:4.24° x 2.81° ↑N
NGC2264、クリスマスツリー星団付近の散光星雲
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、フィルター無し
ISO3200, 60s x 10, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII,  2017/01/04 東御市・観測所

*以下追記:2017年05月

NGC 2264(Sh 2-273・散開星団+散光星雲・いっかくじゅう座)


視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)
NGC 2264(クリスマスツリー星団), 光度:4.0 mag, 直径:40′, 分類:IV3pn
Sh 2-273(散開星団+散光星雲), 光度:— mag, 直径:250′, 分類:E
NGC 2261(ハッブルの変光星雲), 光度:— mag, 直径:2′, 分類:E+R
LDN 1607(コーン星雲・暗黒星雲), 光度:— mag, 直径:—‘, 分類:—
LDN 1603(暗黒星雲), 光度:— mag, 直径:—‘, 分類:—
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II
ISO3200, 90s x 7, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/01/25 -7℃ 東御市・観測所


視野角:80′ x 50’↑N
NGC 2264(クリスマスツリー星団), 光度:4.0 mag, 直径:40′, 分類:IV3pn
Sh 2-273(散開星団+散光星雲), 光度:— mag, 直径:250′, 分類:E

BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3,  HEUIB-II, Sony α7s(新改造)フルサイズ
ISO12800, 30s x 16, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/01/25 -7℃ 東御市・観測所

NGC 2264は正式にはクリスマスツリー星団とコーン星雲の2つを含みます。コーン星雲は単独でウイリアム・ハーシェルによって発見されたのですが、NGCカ タログでは星雲だけでなくクリスマスツリー星団も含めてNGC 2264と命名されました。そのためややこしいことにNGC 2264というだけではまったく性格の違う2つの星雲のどちらを指すのかがわからなくなってしまいました。

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中