NGC3115(銀河・ろくぶんぎ座)

NGC3115-1604APSC
NGC3115(銀河)8.9mag 7.3′ x 3.4’ E6
BKP300 1500mm f5, MPCC-MK3,  Sony α7s(新改造)APS-Cクロップ
ISO12800, 30s x 15, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII,  2016/04/11 東御市・観測所

ろくぶんぎ座にある楕円銀河です。無構造ののっぺりした姿は不思議な印象です。銀河の中央部には大きなブラックホールの存在を示す証拠が観測されました。しかしこの銀河では新たな星の形成は行われず、ブラックホールも成長していないと考えられています。この星雲にはスピンドル星雲という愛称がありますが、スピンドルとは紡績機の糸を巻き取る軸(紡錘)のことで訳すと紡錘状星雲です。しかし日本ではすでにNGC4565などのバルジの発達したエッジオン星雲を紡錘状星雲と呼んでいるのでこの星雲だけを示す呼称としては英語そのままのスピンドル星雲と表記しています。

NGC3115-1604center
*クリック拡大

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中