NGC 6402(M14・球状星団・へびつかい座)

NGC6402(M14)-1606APSC
NGC 6402(M14・球状星団・へびつかい座)7.6 mag 11’ VIII
BKP300 1500mm f5, MPCC-MK3,  Sony α7s(新改造)APS-Cクロップ
ISO6400, 30s x 8, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII,  2016/06/26 東御市・観測所

NGC 6402(M14・球状星団・へびつかい座)はわずかに楕円形で実直径およそ100光年、距離およそ30,000光年の球状星団です。球状星団までの距離は少し古い資料だとかなり異なります、M14の場合、38,000光年( Sky Catalogue 2000 )、64,000 光年 ( Shapley )23,000光年 ( Mallas / Kreimer )24,000 光年 ( Glyn Jones , Kinman , Becvar ) とどれを採用してよいものやらと悩みます。球状星団はRR Lyr型変光星による距離測定が確立された対象なのに、どうしてこんなに誤差が大きいのか不思議です。

NGC6402(M14)-1606center
*クリック拡大

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中