Sh 2-130(散光星雲・ケフェウス座)

sh2-130-1611
視野角:84′ x 54’↑N
Sh 2-130(散光星雲), 光度:—mag, 直径:3′, 分類:E
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3,  HEUIB-II, Sony α7s(新改造), フルサイズ
ISO12800, 30s x 18, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII,  2016/11/03, 東御市・観測所

星雲の中心付近にあるB5型の恒星HD 197911は、ケフェウスOB2 領域の中心から200-300万年前の超新星爆発によって吹き飛ばされてここに来た恒星と考えられています。

 

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中