Sh 2-230(散光星雲・ぎょしゃ座)


視野角:4.2° x 2.8° ↑N
Sh 2-230(散光星雲), 光度:— mag, 直径:300′, 分類:E
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II
ISO3200, 90s x 7, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/01/25 -7℃ 東御市・観測所

Sh 2-230は、IC 410を中心とするぎょしゃ座OB2領域に含まれる散光星雲です。IC 405, 410, 417に連なる星雲でその境界ははっきりしません。最も明るい部分はデータ上の中心位置よりかなり北側になるため視野外となってしまいました。

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中