NGC 869, 884(二重星団・散開星団・ペルセウス座)


視野角:80′ x 50’↑N
NGC 869 (散開星団), 光度:5.3 mag, 直径:30′, 分類:I 3 r
NGC 884 (散開星団), 光度:6.1 mag, 直径:30′, 分類:I 3 r
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3,  HEUIB-II, Sony α7s(新改造)フルサイズ
ISO12800, 30s x 16, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/01/26 -4℃ 東御市・観測所

視野角:4.2° x 2.8° ↑N
NGC 869 (散開星団), 光度:5.3 mag, 直径:30′, 分類:I 3 r
NGC 884 (散開星団), 光度:6.1 mag, 直径:30′, 分類:I 3 r
NGC 957 (散開星団), 光度:7.6 mag, 直径:10′, 分類:III2p

タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II
ISO3200, 90s x 7, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/01/26 -4℃ 東御市・観測所

有名な二重星団です。画面右がNGC 869, 左がNGC 884, 広角カメラの左端に見える散開星団がNGC 957です。肉眼でも見える明るい散開星団で、双眼鏡や小さな望遠鏡で眺めた方が感動的かもしれません。2個の星団はペルセウスOB1領域に所属して、見かけだけで無く実際にも数百光年しか離れていません。

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中