Sh 2-263(散光星雲+反射星雲・オリオン座)


視野角:80′ x 50’↑N
Sh 2-263(散光星雲+反射星雲), 光度:— mag, 直径:22′, 分類:E+R
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3,  HEUIB-II, Sony α7s(新改造)フルサイズ
ISO12800, 30s x 16, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/01/27 2℃ 東御市・観測所


視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)
Sh 2-263(散光星雲+反射星雲), 光度:— mag, 直径:22′, 分類:E+R
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II
ISO3200, 90s x 7, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/01/27 2℃ 東御市・観測所

Sh 2-263はオリオン座の左肩、ベラトリックスの北3°ほどの位置にあります。星雲の中心にある明るい恒星HD 34989の光を反射する青い反射星雲と電離して赤いHII領域が混在しています。広角カメラの左に見えるHII領域はSh 2-264エンゼルフィッシュ星雲の一部、右下に見える淡いHII領域はSh 2-265です。これらの星雲はいずれもオリオン座ラムダ星の回りに広がる大きなHII領域Sh 2-264と同じ分子雲の一部と考えられています。

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中