Sh 2-290(Abell 31・惑星状星雲・かに座)


視野角: 80′ x 50′  ↑N
Sh 2-290(Abell 31・惑星状星雲), 光度:—mag, 直径:17′, 分類:P
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3,  HEUIB-II, Sony α7s(新改造)フルサイズ
ISO12800, 30s x 16, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2016/12/02, 1℃, 東御市・観測所

Sh 2-290(Abell 31)は、かに座にある大きな惑星状星雲です。みずがめ座のらせん状星雲とほぼ同じ見かけの大きさがありますが、表面輝度は非常に低く撮影対象としては難物です。拡大すると青白い中心星がはっきりとわかり、その周囲はOIII輝線の青い色が強く外周部は星雲の色からHαとOIIIが混在しているように見えます。また、この星雲(中心星)は周囲の星間物質にも干渉しているようで、星雲の南部には淡く広がったHII領域が見えています。


*クリックで拡大 視野角:約20′ x 13’ ↑N

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中