ジョンソン彗星 (C/2015 V2) 2017/05/19その2


BKP300 1500mm f5 反射, コマコレクターMPCC-MK3, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30秒 x 24枚メトカーフ合成, 高橋NJP赤道儀, temmaPC, α-SGRIII,  2017/05/20, 00h00m JST.(中央時間),  観測所(長野県東御市)

5月19日〜20日撮影のものをメトカーフ合成して処理してみました。非常に淡いイオンテイルがダストテイルの反対方向に伸びているのがなんとかわかります。(追記、アンチテイル?かもしれない。追記の追記、イオンテイルでした。)核がコマに対してかなり偏心している、ダストテイルの色の赤が強い(?)ような気がします。彗星物理水曜ゼミの菅原氏によるとこの彗星のダストテイルは粒子が異様に大きい、かなり遠方にある時期から発生しているなど少々変わっているそうで研究対象としても面白そうです。

広告
カテゴリー: 彗星, 星空観望 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中