M 81(NGC 3031・銀河・おおぐま座)


視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)
M 81(NGC 3031・銀河), 光度:6.9 mag, 直径:24.9′ x 11.5′, 分類:Sb
M 82(NGC 3034・銀河), 光度:8.4 mag, 直径:11.2′ x 4.3′, 分類:Sd
NGC 2959(銀河), 光度:12.8 mag, 直径:1.3′, 分類:Sb
NGC 2961(銀河), 光度:14.7 mag, 直径:48″ x 12″, 分類:SBb
NGC 2976(銀河), 光度:10.2 mag, 直径:5.9′ x 2.7′, 分類:Sc/P
NGC 3077(銀河), 光度:9.9 mag, 直径:5.2′ x 4.7′, 分類:Sd

タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、フィルターなし
ISO3200, 90s x 8, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/05/19 12℃ 東御市・観測所


視野角: 54′ x 36′  ↑N
M 81(NGC 3031・銀河), 光度:6.9 mag, 直径:24.9′ x 11.5′, 分類:Sb
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3,  フィルター無, Sony α7s(新改造)APS-Cクロップ
ISO12800, 30s x 24 , TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/05/19 12℃ 東御市・観測所

M81グループはM81を筆頭におおぐま座の34個の銀河から形成されています。その中心にあるM81、M82、NGC3077は、強い力学的相互作用を及ぼしあっておりそれぞれの銀河の外縁にある水素ガスを引きはがしグループ内にガスのフィラメント構造を形成しています。これらの相互作用によって星間ガスがM82、NGC3077の中心に落ち込み、激しい星形成(スターバースト)を起こすスターバースト銀河となっています。

 

 

 

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中