NGC 3949(銀河・おおぐま座)


視野角: 54′ x 36′  ↑N
NGC 3949(銀河), 光度:11.1mag, 直径:2.9′ x 1.7′, 分類:Sbc
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, フィルター無し, Sony α7s(新改造)APS-Cクロップ
ISO12800, 30s x 12, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/05/20, +15℃, 東御市・観測所


NGC 3949 視野角:約11′ x 07’ ↑N

地球からの距離5000万光年の位置にあるM109グループに所属する渦状銀河です。棒渦状銀河に分類されている場合もあるようですが、青い銀河の色から活発に新しい星を生成しているだろうことが予測されます。II型超新星2000dbが発見されています。

 

 

 

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中