Sh 2-48, 49, 50(散光星雲・へび座・たて座)


視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)
Sh 2-48(散光星雲), 光度:— mag, 直径:10′, 分類:E
Sh 2-49(M16, 散光星雲), 光度:— mag, 直径:90′, 分類:E
Sh 2-50(散光星雲), 光度:— mag, 直径:35′, 分類:E

タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、フィルターなし
ISO3200, 90s x 8, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/06/19  +12℃ 東御市・観測所


視野角: 80′ x 50′  ↑N
Sh 2-48(散光星雲), 光度:— mag, 直径:10′, 分類:E
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, フィルター無し, Sony α7s(新改造)フルサイズ
ISO12800, 30s x 24, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/06/19, 12℃, 東御市・観測所

Sh 2-49は = M16 = NGC6611で散開星団NGC6611によって電離発光しているへび座OB1領域の一部です。Sh 2-48はM16のすぐ近傍でたて座とへび座の境界線をまたぐように存在していますが、M16とは異なるたて座の超大型分子雲の一部であろうとされています。Sh 2-50はデータ的には35’の大きさがありますが、実際には48より輝度は低く淡い存在です。

 

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中