NGC 6822(バーナードの銀河・銀河・いて座)


NGC 6822(銀河・いて座), 光度:8.7mag, 大きさ:15.4′ x 14.2′, 分類:IBm
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, フィルター無し, Sony α7s(新改造)
ISO12800, 30s x 24, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/06/19, 12℃, 東御市・観測所
視野角: 54′ x 36′  ↑N

NGC 6822はいて座にある銀河で、距離約150万光年にある局部銀河群に所属する銀河です。この銀河の北側にあるハッブルVと呼ばれている直径200光年のV字状の星雲の中では活発に星が誕生しており我々の小さな望遠鏡でもはっきりとその存在を見ることができます。この銀河も ローエルアマチュア研究イニシアチブ (LARI)の一部として、アマチュアとプロの天文学者の共同作業による研究が行われています。このような研究が行われているアメリカのプロの懐の深さ、アマチュアの意識の高さにはやはり感心します。

 

 

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中