NGC 6500, 6501, 6490, 6495(銀河・ヘラクレス座)


NGC 6490 (銀河), 光度:13.5mag, 直径:1.0′ x 48″, 分類:E-S0
NGC 6495 (銀河), 光度:12.2mag, 直径:2.0′ x 1.8′, 分類:E1
NGC 6500 (銀河), 光度:12.2mag, 直径:2.2′ x 1.6′, 分類:Sab
NGC 6501 (銀河), 光度:12.0mag, 直径:1.8′ x 1.6′, 分類:S0-a
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, フィルター無し, Sony α7s(新改造)
ISO12800, 30s x 12, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/06/23, +14℃, 東御市・観測所
視野角: 54′ x 36′  ↑N


NGC 6500, NGC 6501 視野角:約11′ x 07’ ↑N
2つの銀河は数万パーセク離れていますが物理的にペアを組んでいる銀河です。6500はライナータイプの活性銀河核をもった銀河、6501は通常の銀河のようですが外観からはその違いはさっぱりわかりません。


NGC 6490, NGC 6495 視野角:約11′ x 07’ ↑N
地球からの距離はNGC6490は47万パーセク、NGC6495は49万パーセク。6500, 6501を含む銀河グループを形成しています。


 

 

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中