Sh 2-113(超新星残骸・はくちょう座)


Sh 2-113(超新星残骸), 光度:– mag, 直径:15′, 分類:—
Sh 2-114(超新星残骸), 光度:– mag, 直径:9′, 分類:—
LBN 289(散光星雲), 光度:– mag, 直径:—, 分類:—

タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II
ISO3200, 90s x 8, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/09/18  +14℃ 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)


Sh 2-113(超新星残骸), 光度:– mag, 直径:15′, 分類:—
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造)
ISO12800, 30s x 24, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/09/18, 14℃, 東御市・観測所
視野角: 80′ x 50′  ↑N

Sh 2-113, Sh 2-114は超新星残骸のそれぞれ北部分と南部分とされています。しかしこの付近での超新星の記録がないため成因ははっきりしません。

広角カメラτCyg星の西側に広がる大きなHII領域(LBN 289)には、シャープレスカタログのナンバーはついていません。淡くて小さい113や114は掲載されているのにはくちょう座付近の星域では大きなものが未掲載となっている例がいくつかあるようですが、理由はわかりません。

 

 

 

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中