Sh 2-126(散光星雲・とかげ座)


Sh 2-126(散光星雲), 光度:– mag, 直径:160′, 分類:E
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II
ISO3200, 90s x 8, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/09/18  +14℃ 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)


Sh 2-126(散光星雲), 光度:– mag, 直径:160′, 分類:E
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造)
ISO12800, 30s x 24, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/09/18, 14℃, 東御市・観測所
視野角: 80′ x 50′  ↑N

明るく大きな、とかげ座のHII領域です。この領域には小さな系外星雲をいくつか見ることができます。(上の写真でも確認できます)赤いHII領域を透過して見える系外星雲は不思議な感じです。分子雲の広がりが厚くないためにこのように見えているのでしょうか?

 

 

 

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中