Sh 2-204(散光星雲・きりん座)


Sh 2-204(散光星雲), 光度:– mag, 直径:40′, 分類:E
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II
ISO3200, 90s x 8, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/12/24  -1℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)

Sh 2-204は、きりん座OB1群もしくはOB3群の星によって電離発光しているとされ、星雲は天の川銀河のペルセウス腕の外周部にあるものと推測されています。
淡い存在なので詳細な形状はわかりにくいですが、形状的には超新星残骸でも惑星状星雲でもありそうな形をしています。

 

 

 

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中