Sh 2-277(IC 434, NGC 2024・散光星雲・オリオン座)


Sh 2-277(散光星雲、反射星雲), 光度:–mag, 直径:120′, 分類:E+R
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/12/20  -1℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)

Sh 2-277周辺、オリオンの三ツ星のAlnitakを中心として広がるHII領域。広角で撮影すると馬頭星雲の東側にもバーナードループに向かって淡いHII領域が広がっていることがわかります。

 


Sh 2-277(散光星雲、反射星雲), 光度:–mag, 直径:120′, 分類:E+R
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造)
ISO12800, 30s x 24, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/12/20 -1℃, 東御市・観測所
視野角: 54′ x 36′  ↑N

Sh 2-277中心部にあるNGC 2024(燃える木星雲)は、Alnitakからの強烈な紫外線で電離発光するとともに星雲の内部では活発に新しい星が形成されています。

 

 

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中