NGC 1964(銀河・うさぎ座)


NGC 1964 (銀河), 光度:10.8mag, 直径:5,6′ x 1.8′, 分類:SAB
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 24=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/12/22, -1℃, 東御市・観測所
視野角: 54′ x 36′  ↑N


NGC 1964 視野角:約11′ x 07’ ↑N

地球からの距離約6,500万光年の距離にあり中心部には超大型ブラックホールの存在が示唆されている銀河です。NGC 1964グループという銀河グループを形成しています。

データ的には立派な銀河なのですが、撮像時間帯この方角はシンチレーション(大気の揺らぎ)の状態が最悪だったようで、冴えない画像です。長焦点で撮像する系外星雲(表面輝度の高いもの)は、空の透明度よりシンチレーションの方が強く影響します。

 

 

 

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中