NGC 3521(銀河・しし座)


NGC 3521(銀河), 光度:9.0mag, 直径:11.2′ x 5.4′, 分類:SBbc
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3,  HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 24=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/12/23, -1℃, 東御市・観測所
視野角: 54′ x 36′  ↑N


NGC 3521  視野角:約20′ x 13’ ↑N

NGC 3521はしし座にある大型の渦状銀河です。比較的天の川銀河に近い銀河の例に漏れず距離は確定しておらず2,600万光年〜4,000万光年とばらつきがあります。

この銀河の腕はいわゆる羊毛状腕と呼ばれる、腕の境界がはっきりしない羊毛の塊が連続して続いたような構造をしています。この構造はNGC 3521のように全体としてらせん状構造を形成する場合もありますし、短かったり不規則だったりする場合もあります。銀河の30%はこのような羊毛状腕を持ち、10%は星形成領域をその腕の中に持っています。

もう一つのこの銀河の外観的な特徴は、銀河の東、極方向(画像左)に淡く広がるハロのような構造です。これは詳しく観測すると何本もの恒星のストリームであり、過去にこの銀河に吸収された衛星銀河の残痕であろうと推測されています。いくつかの銀河でこのストリーム構造は発見されていますが、この銀河のものはかなり輝度が高いようです。APODの画像からは、その様子が詳しくわかります。画像はこちらhttps://apod.nasa.gov/apod/ap110915.html (APODの画像は、理由はあるのでしょうが鏡像になっていて、他画像と比較しにくい。)

 

 

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中