NGC 5147(銀河・おとめ座)


NGC 5147(銀河), 光度:12.3mag, 直径:1.9′ x 1.5′, 分類:SB(s)dm HII, z 0.003629
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 20=10分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2018/05/10, +1.5℃, 東御市・観測所
視野角: 52′ x 35′  ↑N


NGC 5147 視野角:約8′ x 5’ ↑N
やや崩れた渦状銀河でSDSSの画像を見ると、東側に銀河の腕が引き延ばされているように見えます。HII輝線を発するHII銀河で腕の中には活発な星形成がうかがえる星団雲が確認できます。

 

 

 

広告
カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中