ウィルタネン彗星 (46P)のスペクトル 2018/12/15


ウィルタネン彗星 (46P)のスペクトル
BKP300(1500mm f5), 愛光者7号, Sony α7s(新改造), ISO51200, 30s x 8, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2018/12/15, 22h50m JST.,  -4℃, 東御市・観測所

カメラ感度補正前のプロファイル

12月15日ようやく長時間快晴となったので分光器を向けてみました。久しぶりに使ったら問題続出。カメラのACアダプター故障、自作スリットのスリット幅が変化していた、手順を忘れていてスリットと分散方向の直交を取らなかった。スリットにピントを合わせるのを忘れていた。etc…

天候不順で予行演習できず、あせって結果はピンボケ画像を量産してしまいました。とりあえず分析ソフトにかけたらC2の輝線はそれなりにわかるようです。1月の新月期に再挑戦とします。

歳のせいかいろいろ忘れていることが多く、事前に予行演習、操作のマニュアル化が必須だと思い知りました。

 

 

 

広告
カテゴリー: 分光・スペクトル, 彗星 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中