Sh 2-23, Sh 2-24(散光星雲・さそり座・へびつかい座)


Sh 2-23(散光星雲・さそり座)
, 光度:– mag, 直径:50′ , 分類:E + R
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 43=22.5分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/04, 23h 44m,  +6℃, 東御市・観測所
視野角:77′ x 51′ ↑N


Sh 2-23(散光星雲・さそり座), 光度:– mag, 直径:50′ , 分類:E + R
Sh 2-24(散光星雲・へびつかい座), 光度:– mag, 直径:30′ , 分類:E + R
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 16=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/04, 23h 44m,  +6℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)

Sh 2-23は、非常に淡いHII領域と反射分子雲が混在した星雲であろうと思われます。Sh 2-24は太陽系から最も近い位置にあると思われる分子雲の一つとされています。その色は青いと表現されることがありますが赤みがかった濁った色でおそらくHII領域と反射星雲が混在しているのでしょう。
シャープレスの元のカタログにはSh 2-23の上にSh 2-14が記録されています。画像を見ると非常に淡く細長い星雲が写っていますが後の観測で確認されなかったために正式なカタログからは外されています。


へびつかい座・さそり座 Sh 2-23, Sh 2-24 ファインディングチャート
Sh 2-27(散光星雲), 光度:– mag, 直径:–‘ , 分類:E
Tamron SP 70-200mm(85mm f4), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 16=22分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/05/04, +6℃, 東御市・観測所 ↑N

Sh 2-27は、ζ Ophを取り囲む淡く大きなHII領域です。これも出典よって位置が違っているので注意が必要です。今回はCambridge, Deep Sky Atlas からの位置です。

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中