アトラス彗星 (C/2019 Y4) 2020/04/14


アトラス彗星 (C/2019 Y4)
BKP300 1500mm f5 反射, MPCC-MK3, Sony α7s(改造), ISO12800, 露出30s x 50=25分, 高橋NJP赤道儀, temmaPC, α-SGRIII, 東御市 観測所, -1.0°C, 2020/04/14, 21h17m JST. 視野角: 52′ x 35’, メトカーフ合成, ↑N


アトラス彗星 (C/2019 Y4)
視野角:19′ x 13′ ↑N 測定光度 9.8mag

3月末に核が分裂し4月に入ると光度が落ちてきました。核壊滅で近日点通過前に消滅するか?と思われていたのですが、分裂した核のおそらく主核と思われる部分が再び明るさを増し全光度も4月10日ごろを底に再び増光に転じています。

核は4個に分裂したとされ上の写真でも最も明るいやや偏心した主核が先端に見え、続くダストテイルの中に分裂したものが見えているようです。ハイライト部のデティールを強調することでもう少しはっきりさせることができそうなので後日処理してみます。

近日点通過までどのような変化をするのか?マイナス等級の大彗星の可能性は低くなりましたがとても興味深い彗星です。

 

 

カテゴリー: 彗星 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中