NGC 1788(反射星雲・オリオン座)


NGC 1788(反射星雲), 光度:5.8 mag(B), 直径:2.0′ x 2.0′, 分類:R
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 45=22分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/12/03, 23h 50m, -1℃, 東御市・観測所 視野角:77′ x 51′ ↑N


NGC 1788(反射星雲), 光度:5.8 mag(B), 直径:2.0′ x 2.0′, 分類:R
LBN 923, 大きさ:120′ x 60′, 明るさ 5.0, カラー 3.0
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 16= 24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/12/03, 23h 50m, -1℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)

NGC 1788は、彗星状の尾を引くような形をしたL1616星雲の頭部にあたる反射星雲です。この領域はオリオンOBアソシエーション(LBN937の領域に近い)の西領域に位置し、盛んに星形成を行っている領域として知られています。

NGC 1788はこの星雲の中で形成されたいくらか進化した恒星によって照らされていますが、星雲の中ではさらに新しい星形成が進行中です。それらの星形成の引き金は近くのオリオンOBアソシエーションからの影響によって起こっていると考えられています。(Triggered star formation in Orion cometary clouds? I. The case of L1616. STANKE T., SMITH M.D., GREDEL R.et.  2002 A&A)

 


エリダヌス座〜オリオン座南部  ファインディングチャート
Tamron SP 70-200mm(80mm f4), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 16=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/11/01, +6℃, 東御市・観測所 ↑N

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中