Sh 2-278(散光星雲・オリオン座)


Sh 2-278(散光星雲), 光度:–, 直径:50′, 分類:HII
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 45=22分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/11/01, 02h 29m, +6℃, 東御市・観測所 視野角:77′ x 51′ ↑N


Sh 2-278(散光星雲), 光度:–, 直径:50′, 分類:HII
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 16= 24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/11/01, 02h 29m, +6℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)

Sh 2-278は、オリオンOBアソシエーションの中心からやや南に離れたHII領域です。この領域をカラーで撮影すると、赤いHII領域、青い反射星雲、茶色の透過分子雲?が入り乱れて存在していることがわかります。

1998年の小倉、杉谷によると、これらは分子雲の中で形成されたOB星が、強烈な恒星風で分散させた分子雲の残骸であり、HII領域内で明るい縁のある星雲、彗星状の小球として観測されます。OBの星がB型巨星に進化すると強いライマン放射は停止され、星雲はイオン化されたエンベロープを失い目立たなくなります。それでもOBアソシエーションでは星間光を反射することで光学的にその存在を知ることができます。

それらの反射雲と、明るい縁の星雲、彗星状星雲、まとめて「残雲」をオリオンOB 1アソシエーションで分類、調査し、低質量星の星形成において説得力ある証拠を示した。としています。(Remnant molecular clouds in the Ori OB 1 association. OGURA K., SUGITANI K. 1998  PASA)


(Remnant molecular clouds in the Ori OB 1 association. OGURA K., SUGITANI K. 1998  PASA より、図表を抜粋)

論文中のSh 2-278に関連する部分を抜粋してみると、図中8、9はr?(反射?)7, 10はc(彗星状)、11はr(反射)となっています。測定に使われた写真は、20年以上前ですから、パロマー、英国シュミット望遠鏡、などによる銀塩写真乾板です。

今回撮影した写真と比較してみると、r?は赤と青の混在する領域、rは青い反射星雲、cは縁のある赤い星雲であることが簡単に判別できます。このような観測には1回の露出でRGBのデータが得られ、しかも超高感度な現代の市販デジタルカメラは、使い方によっては強力な観測機材になりそうです。


HH 240 視野角:約19′ x 13’ ↑N

Sh 2-278の上記論文中7番星雲の中には明るいハービッグハロー天体HH 240があります。下記は近赤外での観測結果のチャートです。HH240は、A〜Zまであるようですが、我々の小口径望遠鏡での可視光写真ではその存在は残念ながらまったく判別がつきません。


(Near-IR imaging of the molecular outflows in HH 24-26, L 1634 (HH 240-241), L 1660 (HH 72) and RNO 15-FIR. DAVIS C.J., RAY T.P., EISLOEFFEL J.et. al 1997 A&A)より


エリダヌス座〜オリオン座南部  ファインディングチャート
Tamron SP 70-200mm(80mm f4), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 16=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/11/01, +6℃, 東御市・観測所 ↑N

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中