Sh 2-240(超新星残骸・ぎょしゃ座)


Sh 2-240(超新星残骸), 光度:–, 直径:180′, 分類:SNR HII
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 16= 24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/01/21, 23h 27m, -6℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)


Sh 2-240(超新星残骸), 光度:–, 直径:180′, 分類:SNR HII
上記画像のRチャネル画像を反転処理

大きな超新星残骸で、アマチュア天体写真家の皆様には人気の星雲です。HEUIB-IIフィルターをつけたカラーカメラのRチャネルはほぼHα単色光の写真となります。Rチャネルだけを抜き出すと星雲の微細な構造も見やすくなります。
次シーズンは全体像がわかるように撮像してみたいものです。

今シーズンはありがたいことに、天候に恵まれ撮像した画像の処理が追いつきません。ペースを上げて(解説を手抜きして?)早めに好きな春の系外銀河に行きますかね。

 

 

カテゴリー: NGC天体, 星空観望 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中